お知らせNEWS
行事

安全衛生協力会研修旅行

こんにちは。
今年の桜は、例年よりも早く開花したそうですが、その後の寒の戻りのおかげで、長い間楽しむことが出来ましたね。
皆さんはお花見に行きましたか?いよいよ好楽の季節到来です!

ということで、当社の安全衛生協力会では、4月14日(日)から15日(月)に横須賀、東京へ研修旅行へ行ってきました。
前日までの天気予報では、両日とも雨の予報で気分も若干湿り気味。。。☂

しかーし!
参加してくれた皆さんの日ごろの行いの良さ(?)もあってか、なんと2日とも1滴の雨にも降られる事無く、絶好の行楽日和となりました!

旅行初日、
新幹線を新横浜で降りて横須賀軍港巡りからスタートです。
船に乗って海上自衛隊やアメリカ海軍の艦船を間近で見ながら、横須賀港を一周する人気クルーズ。
この日は、アメリカ海軍空母「ロナルド・レーガン」や、先日南極から横須賀に帰ってきたばかりの南極観測船「しらせ」をはじめ、数多くの艦船が停泊しており、ガイドさんも「これだけの艦船が揃う事はなかなか無い」とのことで、見ごたえ十分なクルーズになりました。

原子力空母「ロナルド・レーガン」
原子力空母「ロナルド・レーガン」
南極観測船「しらせ」
南極観測船「しらせ」
護衛艦「きりしま」、「はるさめ」
護衛艦「きりしま」、「はるさめ」

その後は、東京湾アクアライン海ほたるを経由して東京へ。

東京湾アクアライン海ほたるは東京湾に浮かぶサービスエリア。海のど真ん中なので風が強い彡
東京湾アクアライン海ほたるは東京湾に浮かぶサービスエリア。海のど真ん中なので風が強い彡

夜は隅田川を屋形船に乗って下り、江戸の情緒あふれる下町風情とお台場の夜景を楽しむという、“ちょいとオツな”宴会で東京の夜を大満喫。

屋形船デッキからお台場の夜景をバックに
屋形船デッキからお台場の夜景をバックに

翌日は世界一の電波塔「東京スカイツリー」へ。

残念ながら富士山は見えませんでしたが、地上450メートルからの眺めはまさに大パノラマといった感じで、まるで自分が大都会東京という1枚の絨毯の上に立っているかのような気さえしてしまいましたよ。

地上450メートルからの景色。東京が一望できます。
地上450メートルからの景色。東京が一望できます。
スカイツリーと鯉のぼり。下から見るとまた違った迫力があります。
スカイツリーと鯉のぼり。下から見るとまた違った迫力があります。

最後は、2018年に築地から移転した豊洲市場へ。

2018年に完成したばかりの豊洲市場。
2018年に完成したばかりの豊洲市場。

セリは早朝に行うので、私たちが到着した時間には既に終わっていましたが、驚かされるのは施設の大きさで、大きく3つの街区で構成された施設は青果棟、水産仲卸売場棟、水産卸売場棟に分けられており、とても時間内に回ることは出来ませんでした。

でも、ここから全国へ様々な魚や野菜が出荷されることを考えると、やはりこの規模施設が必要になるのでしょう。

今回は横須賀から東京下町を中心に回った1泊2日の研修旅行でしたが、さすがに日本の首都は2日間では回り切れませんね。
次回の研修旅行は2年後に行う予定です。
どこへ行くかはまだ分かりませんが、がっつり雨予報のところを晴天に変えてしまう“晴れ男”の皆さんと旅行できれば、またきっと楽しい思い出を作ることができると思いますので、また参加して下さい。

ということで、次回の旅行もお楽しみに!